労働基準監督署の調査・是正勧告対応支援サイトのTOPページへ

     労働基準監督署から交付される
       指導票と命令書について

指導票について
労働基準監督官などが事業所調査や臨検をした場合において、労働法令違反には該当しないが、労働法令の趣旨に照らして改善した方が望ましいと思われる事項、又は後々労働法令違反につながる可能性が有る事項などを確認した場合に交付されるものが「指導票」です。
労働法令の規定には直接違反していなくても、個別具体的な事情の下では、労災事故を未然防止する為に改善した方が望ましいと思われる事項は結構有るものです。
この「指導票」は、その是正・改善を義務付けるものではありませんが、実際に労災事故が起きるとその後の対応が大変ですので、「指導票」の内容を謙虚に受け止めて、その是正措置をすることをお勧めします。
「是正勧告書」は必ず労働基準監督官が交付しますが、「指導票」については労働技官が交付する場合もあります。


命令書について
「是正勧告書」や「指導票」と似て非なるものに労働基準監督署長名で交付される「命令書」があります。
この「命令書」は、施設や設備に安全対策上の不備が有り、労働者に急迫した危険が有る、と認められる場合に交付される「使用停止等命令書」などを指します。
この「命令書」は、労働基準法や労働安全衛生法などの監督権行使規定に基づき交付されるもので、その命令に従わないことのみを以って処罰されますので充分注意して下さい。
労働基準法に基づき交付された「命令書」に違反すると6ヶ月以下の懲役刑又は30万円以下の罰金刑が科せられます。 また、労働安全衛生法に基づき交付された「命令書」に違反すると6ヶ月以下の懲役刑又は50万円以下の罰金刑が科せられます。

下世話な言い方をしますと、「指導票」は警告、「是正勧告書」はイエローカード、「命令書」はレッドカードということです。





                                   戻る





愛知県名古屋市の社会保険労務士・行政書士 藤澤労務行政事務所