労災事故対応支援サイト
TOP障害認定・障害等級の概要>耳の障害

            耳の障害
障害の種類 等級 障 害 の 程 度
両耳の
聴力障害
第4級 両耳の聴力を全く失ったもの
第6級 両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することが出来ない程度になったもの
1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話し声を解することが出来ない程度になったもの
第7級 両耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話し声を解することが出来ない程度になったもの
1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することが出来ない程度になったもの
第9級 両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することが出来ない程度になったもの
1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することが出来ない程度になり、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの
第10級 両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの
第11級 両耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することが出来ない程度になったもの
一耳の
聴力障害
第9級 1耳の聴力を全く失ったもの
第10級 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することが出来ない程度になったもの
第11級 1耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話し声を解することが出来ない程度になったもの
第14級 1耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することが出来ない程度になったもの
耳介欠損 第12級 1耳の耳かく(耳介)の大部分を欠損したもの





                  戻る





愛知県名古屋市の社会保険労務士・行政書士 藤澤労務行政事務所