労災事故対応支援サイト
TOP障害認定・障害等級の概要>眼の障害

             眼の障害
障害の種類 等級 障 害 の 程 度
眼球 視力障害 第1級 両眼が失明したもの
第2級 1眼が失明し、他眼の矯正視力が0.02以下になったもの
両眼の矯正視力が0.02以下になったもの
第3級 1眼が失明し、他眼の矯正視力が0.06以下になったもの
第4級 両眼の矯正視力が0.06以下になったもの
第5級 1眼が失明し、他眼の矯正視力が0.1以下になったもの
第6級 両眼の矯正視力が0.1以下になったもの
第7級 1眼が失明し、他眼の矯正視力が0.6以下になったもの
第8級 1眼が失明し、又は1眼の矯正視力が0.02以下になったもの
第9級 両眼の矯正視力が0.6以下になったもの
1眼の矯正視力が0.06以下になったもの
第10級 1眼の矯正視力が0.1以下になったもの
第13級 1眼の矯正視力が0.6以下になったもの
調節機能
障害
第11級 両眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの
第12級 1眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの
運動障害 第10級 正面視で複視を残すもの
第11級 両眼の眼球に著しい運動障害を残すもの
第12級 1眼の眼球に著しい運動障害を残すもの
第13級 正面視以外で複視を残すもの
視野障害 第9級 両眼に半盲症、視野狭さく又は視野変状を残すもの
第13級 1眼に半盲症、視野狭さく又は視野変状を残すもの
まぶた 欠損障害 第9級 両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
第11級 1眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
第13級 両眼のまぶたの一部に欠損を残し、又はまつげはげを残すもの
第14級 1眼のまぶたの一部に欠損を残し、又はまつげはげを残すもの
運動障害 第11級 両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
第12級 1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの





                  戻る





愛知県名古屋市の社会保険労務士・行政書士 藤澤労務行政事務所